Loading...

竹山が映像を始めたきっかけ – バックボーンのお話し

2022.5.8 竹山 その他

こんにちは、ニューステラ映像制作事業部の竹山です。

このブログを読んでいただいている方の中には仕事や趣味で映像制作をしている方もいると思いますが、映像を始めたきっかけはなんでしょうか?自分の話になってしまい恐縮ではあるのですが、今回は『映像制作を始めたきっかけ』についてお話ししたいと思います。

私が映像制作を始めたきっかけはスケートボードとの出会いでした。
19歳でスノーボードを始めた頃、夏のオフシーズンに当時スノーボードをしていた先輩と、スケートボードで遊んでいたことから始まります。

その当時、私は仕事の都合で兵庫県赤穂市というところに住んでいて、その赤穂市にTHREESQUADというスノーボードショップがあり、そこでよく遊んでいました。

20歳になった頃、岡山に戻ることになり、岡山でスケーターの友達も多くでき毎日スケートボードに明け暮れているころ、【LENZII】という一つの作品に出逢います。

この作品は大阪を拠点に活動する映像プロダクション『TIGHTBOOTH PRODUCTION(TBPR)』が制作したスケートボード作品です。

この作品を見たときに、単純にカッケーって思いましたね!
そして自分もこんな作品を作ってみたいと思い、当時一緒にスケートボードをやっていた仲間たちとカメラとパソコンを買って、スケートボード作品を作ってました!

今思い返してみると、本当馬鹿なこともやってきたし笑、色々と迷惑をかけることも多々ありましたが、、汗
どれもいい思い出ですね。
この時の写真を見るとめちゃめちゃ痩せてるわぁ~笑


当時自分は26歳
映像を始めた頃のスケートクルーのみんな!

この時は、映像の知識が技術がといった話ではなく、単純に仲間と大好きなスケートボードを撮影する毎日が楽しくてしょうがなかったなと、思い返すこの頃です。

当時この経験がないと私は今こうやって映像制作のお仕事をすることはなかったと思います。

この時にしか味わえない瞬間、仲間に感謝し、少しでも多くの方に喜んでもらえるような映像を届けていけるよう努力いたしますので、これからもニューステラをよろしくお願いいたします。

以上、ニューステラ映像制作事業部竹山でした!


新着記事一覧

コメントを書き込む