採用動画のコツとは?目的から採用動画を企画しよう

2020.6.3 編集部 動画撮影・編集

採用動画を活用しようと考えているけれど、どのようにすればいいか分からないという悩みはありませんか?

最近は、採用動画を活用する企業が増えてきています。
数ある動画の中で、応募者の目に留まるような動画を作るには、目的や構成が明確であることが大切です。

今回は、その採用動画のコツについてご紹介します。

採用動画の構成

採用動画の構成は、応募者に伝えたい内容によって変わってきます。
自社のイメージを効果的に紹介するためには、目的に合った構成で動画を作りましょう。

ここからは、3種類の構成をご紹介します。

インタビュー型

社員が語る様子をインタビュー形式で撮影したものです。
実際に働いている社員が、やりがいや入社を決めた理由などを語ることで、応募者に自社の社風を伝えることを目的としています。

特定の社員をインタビューし、自社への思いや仕事に対する思いを語り、最後に社長がコメントをするという構成になっています。

コメディ型

インパクトのある内容にして、応募者の興味や関心を惹きやすくしたものです。
会社の魅力を伝えるために、最後まで動画を見てもらうことを目的としています。
会社が目指す指標を実写やアニメーションで表現するという構成になっています。

ドキュメンタリー型

特定の社員を主人公として、他の社員が主人公の印象について語った様子を撮影したものです。

応募者1人1人の質を重視していることを伝えるという目的で使うと効果的です。社員1人の1日の仕事風景を撮影し、他の社員の言葉を字幕として入れるという構成になっています。

採用動画で失敗するパターン

採用動画を活用しても、応募者数が思ったより伸びないという企業もあります。
失敗する企業は、どのような動画を作っているのでしょうか?
ここからは、失敗する2つのパターンについてご紹介します。

制作側の目線だけで作らない

採用動画は応募者に向けたものであるため、制作側の目線だけで作ってはいけません。誰のために作るのかを考えながら動画を作るようにしましょう。

動画の質ではなく、企業の情報をいかに伝えられるかが大切なので、応募者が納得する内容になっているか常に意識しておきましょう。

リアルな情報を訴求しない

綺麗ごとの情報ばかりだと、応募者は不信感を抱いてしまいます。仕事のやりがいを求めている応募者には、綺麗ごとばかり伝えても何も響きません。

社員の働き方や職場の雰囲気などリアルな情報も伝えるようにしましょう。

まとめ

今回は、採用動画についてご紹介しました。
的確に情報を伝えるためには、目的と構成を明確にして動画を作ることが大切です。

そのためにも企画書の段階でしっかりした土台を作ることも重要になります。
参考:採用動画で必要になる企画書のポイントとは?

採用動画を活用する企業が多い中で応募者の目に留まるには、目的に合った構成にするようにしましょう。
そして失敗したパターンも踏まえて、魅力的な採用動画を作りましょう。


新着記事一覧

Facebookでブログの更新情報を受け取る

コメントを書き込む

スクロールしてページトップへ戻る

Loading...