動画を活用してブランディング向上?動画制作のメリットを解説

2020.5.3 編集部 動画撮影・編集

皆さんは、自社の商品やサービスのブランディングを高めたいと考えたことはありませんか?
今回の記事では、そういった方にオススメな「ブランディング動画」について解説します。

ブランディング動画とは

そもそもブランディング動画とはいったい何なのか、という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ブランディング動画とは、会社の商品およびサービスに対する信頼感や安心感を視聴者に与えることを目的として制作される動画を指しています。

自社イメージの向上がメインであり、販売促進などの商業的利益を追求するための動画(PR動画など)ではありません。

ブランディング動画のメリット

ブランディング動画を制作する主なメリットは以下のとおりです。

SNSで拡散される可能性がある

ブランディング動画を利用するメリットの1つに、SNSによる拡散効果が期待できる点が挙げられます。

中でも拡散される傾向にあるのは、企業独自のユニークな動画や、視聴者を引き込むストーリー性のある動画です。世界中の人の目に留まりやすいSNSとの相性が良いというのは魅力的ではないでしょうか。

BtoB企業でも活用できる

ブランディング動画は法人を対象とした企業にもオススメです。

BtoB企業はその特性から、精密機器や無形商品を扱うことも多いのではないでしょうか。
そういった商材やサービスには複雑なシステムの解説を必要とすることも多いです。

口頭や文章のみでは難しい説明も、音声や映像を併用する動画であれば、比較的分かりやすく直感的に伝えられます。

短時間で情報を訴求できる

上記のメリットに加えて、短時間で多くの情報を視聴者に伝えられるのも動画の大きなポイントです。

対象となる視聴者に自社の商品やサービスを正確に理解してもらうためには、文章の場合は読み手が文字の羅列にじっくり目を通す必要があり、人によっては膨大な時間を要する場合があります。

しかし動画であれば、映像やテロップ、ナレーションやBGM等を用いて視覚と聴覚の両方に同時に働きかけるため、短い時間でより多くの情報を視聴者に伝えられます。

また、文章だけでは表現が困難なコンセプトや付加価値も、動画であれば視聴者にストレートに訴求できるのは嬉しいポイントです。

まとめ

今回はブランディング動画の概要やメリットについて解説しました。
様々なブランディング手法が考えられる中で、動画は情報伝達の面で非常に優れたツールです。

もし自社の商品やサービスの発信でお悩みの場合は、今回の記事を参考にブランディング動画の制作を是非ご検討ください。


新着記事一覧

Facebookでブログの更新情報を受け取る

コメントを書き込む

スクロールしてページトップへ戻る

Loading...