楽天銀行カードの楽天プレミアムカード切替方法 法人カードやプライオリティパスも

2017.5.26 Inoue その他

個人事業主時代に使っていた楽天銀行カードを楽天プレミアムカード楽天プレミアムカードにアップグレードしたのですが、手続きが少し面倒だったので、その経緯を残しておきたいと思います。

楽天銀行カードとは、楽天カード楽天カードのクレジットカード機能に楽天銀行のキャッシュカード機能が加えられた、一体型のカードです。クレジットカードとしても使えますし、銀行やコンビニATMにてキャッシュカードとしても使えます。

少しややこしいので各カードの違いをまとめますと、

楽天カード クレジットカード
楽天銀行のキャッシュカード 楽天銀行に現金を預けたり預金を下ろしたりするキャッシュカード
楽天銀行カード 楽天カードと、楽天銀行のキャッシュカードが合体したもの

となります。

メインバンクの1つとして楽天銀行を使っていた私は、必然的にクレジットカードもこの楽天銀行カードをよく使っていました。

これまでは私的な利用も事業目的の利用も同一のクレジットカードで決済していましたが、法人化にあたり個人用と法人用のカードを分けることとなり、楽天プレミアムカード(年会費2,000円を追加支払いすることで法人向けのビジネスカードを発行することが可能)にアップグレードしました。

楽天銀行カードから楽天プレミアムカードへの切り替えで必要な手続き

楽天銀行カードを持っている状態から楽天プレミアムカードを新たに持ちたい場合、電話1本あるいはネット上から申し込むだけでアップグレードの申請が完結するわけではありません。

1度楽天銀行カードを解約し、楽天プレミアムカードを新規申し込みする必要があります。

とはいっても何かしら良い方法があるのではないかと思いましたが、カスタマーセンターに問い合わせた結果「1度解約が必要です」とのことでしたので間違いありません。

なぜこのような面倒な手続きが必要なのかというと、楽天銀行カードは「楽天銀行株式会社」が発行しているのに対して、楽天プレミアムカード(通常の楽天カードも同様)は「楽天カード株式会社」が発行しているからだそうです。同じ楽天グループではありますが、会社が異なるんですね。

実は自営業時代にプライオリティ・パス(詳細は後述)が欲しくなったことからアップグレードを検討したことがあるのですが、上記の理由から諦めたことがありました。

解約した楽天銀行カード
写真:解約した楽天銀行カード

楽天銀行カードの解約方法やプレミアムカード発行までの日数

まず楽天銀行カードを解約するには 0120-776-910 に電話する必要があります。この電話番号に電話して解約手続きを行うと、その場で解約が終了しすぐにカードは使えなくなります。

その後楽天プレミアムカードを申し込むことになりますが、カスタマーセンターの女性によると「申し込みできるようになるまで3営業日かかる」とのことでした。

多めにみての回答だろうと思った私は次の日や2日後にWebサイト上から新規申し込みを試してみましたが、「誠に申し訳ございません。お客様は既にカードをお持ちですので、再度、お申し込みいただくことができません。」と表示され、申込みができませんでした。

そして3日目になってようやく申し込むことができ、そこから審査となります。

なお、ここから審査でさらに3日程度はかかるみたいですが、私の場合は2分で審査完了のメールが届きました。楽天カードを長く使っていたからかもしれませんが、検索してみると同様のケースはよくあるようです。

そして6日後くらいになって楽天プレミアムカードが簡易書留で届きました。

以下に楽天プレミアムカード(およびビジネスカード)発行までの時系列をまとめてみました。

日時 内容
2017/1/31 夕方 楽天銀行カードを解約
2017/2/3 17:18 楽天プレミアムカードをWebから申し込み楽天プレミアムカード
※この際、ETCカードとビジネスカードも同時に申し込み。
 ビジネスカードについては後日別途申し込み書類が届くとのこと
「お申し込み受付のお知らせ」というメールが届く
2017/2/3 17:20 「カード発行手続き完了のお知らせ」というメールが届く
2017/2/4 18:10 「【重要】契約内容のご案内」というメールが届く
2017/2/7 09:26 「カードお届け直前のご案内」というメールが届く
2017/2/8 午前 楽天ビジネスカードの申込用紙が自宅ポストに届けられる
2017/2/9 11:50 楽天プレミアムカードを簡易書留で受け取り
※この時点で楽天プレミアムカードは利用可能
2017/2/9 15:40 岡山県内の郵便局から登記簿謄本やビジネスカードの申込用紙などを郵送
2017/2/10 午後 楽天プレミアムカードと同時に申し込んでいたETCカードが届く
2017/2/21 夜 東京の楽天カード株式会社から楽天ビジネスカードが発送される
2017/2/23 14:00 楽天ビジネスカードを簡易書留で受け取り

以上のような流れです。

私と同じように審査が瞬時に終わった場合、楽天銀行カードを解約してから楽天プレミアムカードを受け取るまで大体10日前後(状況や住所により異なります)、審査に3日くらいかかった場合には大体2週間前後での受け取りになるかと思われます。

新規発行した楽天プレミアムカード
写真:個人用に作った楽天プレミアムカード

また楽天ビジネスカードについて、あくまで弊社の場合ではありますがビジネスカードの申込用紙や登記簿などを郵送してから2週間ほどでの受け取りとなりました。

法人用に作った楽天ビジネスカード
写真:法人用に作った楽天ビジネスカード

カードを一時解約したことで困ったこと

楽天銀行カードを解約して楽天プレミアムカードに切り替えるということは、当然カードの番号が変わるため、これまで楽天銀行カードで決済していたWebサービスや公共料金などは更新手続きが必要となります。

また10日くらいのあいだはサブのクレジットカードしか使えない状況でもありました。

楽天プレミアムカードを申し込む前はこれらの手続きが非常に面倒くさいし困ると思っていたのですが、10日間くらいはあっという間に経ちます。意外と困ることはなく、更新手続きも30社くらいは行ったと思いますが、いざやってみるとそれほど手間に感じませんでした。

公共料金にしてもレンタルサーバーにしても支払いが滞ったからといってすぐに停止されるわけではありませんので、これらの手続きが煩わしくてアップグレードを悩んでいる方は、思い切って楽天プレミアムカードに切り替えてみても良いかもしれません。

プライオリティ・パスとは

プライオリティ・パスプライオリティ・パスとは、年会費を支払うことで会員になることができる空港ラウンジプログラムのことで、世界1,000箇所以上もの空港でラウンジを利用することができます。※随時拡大中

一般的なゴールドカード以上のカードを持っていることで使えるラウンジが「カード系ラウンジ」、ビジネスクラスやファーストクラスなどの利用客向けに航空会社が用意したラウンジを「航空系ラウンジ」と言ったりしますが、プライオリティパスを持っていれば断然豪華な後者のラウンジを利用することができます。

プライオリティパス
写真:プライオリティパス

個人事業主時代に楽天銀行カードを使い始めて2年くらいが経った頃、定期的に海外に行くようになり、このプライオリティパスというカードの存在を知りました。

こんな素晴らしいものがあるのか…と思ったのですが、年会費を見て少し躊躇しました。

会員プランは以下のとおり。

会員の種類 年会費 ラウンジ利用料
スタンダード 99ドル(※89ドル) 27ドル
スタンダード・プラス 249ドル(※224ドル) 10回まで無料、以後27ドル
プレステージ 399ドル(※359ドル) 無料

※現在10%割引が行われており、2017年5月26日現在の年会費はカッコ内の金額になっています。

通常時の年会費ですと、現在のレートでスタンダードは約11,000円、スタンダード・プラスは約28,000円、プレステージだと約44,000円ほどになります。

空港への到着時間などによってはラウンジを利用するかどうかもわからないため、プライオリティパスのためだけにこの年会費を支払うのは少し抵抗がありました。

楽天プレミアムカードはプライオリティパスが付属

そこで楽天プレミアムカードの出番です。

なんと楽天プレミアムカードを契約すると、最上級の「プレステージ」のプライオリティパスが付帯するのです。

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円のため、普通にプレステージのプライオリティパスを契約するより3万円以上も安く手に入れることができます。

また、プライオリティパスは国際線利用者向けのラウンジの利用が想定されていますが、楽天プレミアムカードを持っていれば地方空港含めほぼ全ての空港でカード系ラウンジを利用できることから、国内線利用時にも困りません。

よく空港を利用される方、あるいは法人や個人事業主として楽天ビジネスカードを発行したい方などは、楽天プレミアムカードを1枚持っておくと非常に重宝します。

楽天プレミアムカードの申し込みページ楽天プレミアムカードへのリンク

「スタンダード・プラス」以上のプランを希望の場合、楽天プレミアムカード付帯と比較して年会費は高くついてしまいますが、プライオリティパスを直接申し込むことも可能です。

年に1回ラウンジを使うか使わないかという方は、「スタンダード」で申し込んでおくと楽天プレミアムカードの付帯よりもお得になる場合もあります。

プライオリティパスを直接申し込む場合はこちらプライオリティパス公式サイトへのリンク


新着記事一覧

Facebookでブログの更新情報を受け取る

コメントを書き込む

スクロールしてページトップへ戻る

Loading...